ライフスタイルリサーチ

生活の知恵、労働や医療福祉など、役立つ情報をご紹介します。

ナンバーディスプレイに申し込んでいなくても、着信番号を調べる方法

自宅などの固定電話で、ナンバーディスプレイに加入していなくても、かかってきた相手先の電話番号を調べる方法があります。
電話機本体にディスプレイのない機種を使っている方にもおすすめです。

f:id:revival2018:20180321121345j:plain

「さっき電話がかかってきたけど、取れなかった!」「また連絡したいので、さっきかかってきた相手先の電話番号を知りたい」という時がありますよね?

方法は至って簡単です。電話を切った後やかかってきた後に、その電話機から「136」をダイヤルするだけです。かけてみると、着信日時と相手先の電話番号を音声で案内してくれます。

これはNTTのサービスで、「ナンバーお知らせ136」というものです。申込の必要はなく、いつでも利用することができます。

注意事項ですが、このサービスを利用しますと、1回につき30円がかかります。そして、調べられる番号は、最後にかかってきた番号のみです。それから、先方が非通知設定での発信、公衆電話からの通話、国際電話でかけてきた場合には、調べられません。

ナンバーディスプレイを利用しますと、住宅用で月額400円(税抜き)かかり、また初期費用として、局内工事費2000円かかります。
今回ご紹介した「ナンバー136」は、普段、たまにしか固定電話を使わない方にとっては、リーズナブルな使い方になると思います。

「ナンバーお知らせ136」についての詳細は、NTTの公式サイトでご確認下さい。

ナンバーお知らせ136|不在時にかかってきた電話番号を音声でお知らせ(加入電話)|便利なオプション|割引・オプション|電話トップ|Web116.jp|NTT東日本

NTT西日本|電話のご案内公式|便利なサービス|ナンバーお知らせ136