ライフスタイルリサーチ

生活の知恵、労働や医療福祉など、役立つ情報をご紹介します。

長期不在等で、郵便物を自分の都合の良い時にまとめて受け取る方法

旅行や帰省、入院などで長期にわたって自宅を留守にする時など、郵便受けやポストを放っておいたら、郵便物が溜まってしまう可能性があります。そうなると、防犯上でも不安になります。

f:id:revival2018:20180327105709j:plain

そんな時は、郵便局に「長期不在届」を提出しますと、自分の都合の良い日にまとめて受け取れます。
郵便局では、不在となる期間(最長30日)をあらかじめ不在届に記入し提出しますと、その期間内に到着した郵便物を保管し、指定した日に届けてくれます。

方法は、まず、最寄りの郵便局に行き、「長期不在届」を提出します。この時に他に必要なものは、本人様と確認できる資料(免許証、健康保険証など)です。その時に、郵便物を保管して欲しい期間と、届けてもらいたい日にちを記入して郵便局に提出します。
自分の好きな日にまとめて受け取れる、非常に便利なサービスです。気になる料金ですが、無料で利用できます。

f:id:revival2018:20180327110142j:plain

注意点としましては、同居者やご家族の一部や郵便物等の種別を限定して保管してもらうことはできません。不在届受付後、保管期間中にご家族(同居者を含む)のどなたかが在宅されていることが判明した場合は、保管している全ての郵便物等が配達されることとなります。

郵便物の劣化の防止や防犯のため、長期不在時には是非お試し下さい。

「長期不在届」については、下記の郵便局の公式サイト内のページに記載されています。
www.post.japanpost.jp