ライフスタイルリサーチ

生活の知恵、労働や医療福祉など、役立つ情報をご紹介します。

身体障害者手帳について

身体障害者手帳は、身体に障害のある方が、様々なサービスや援護を受けるために必要な手帳です。認定されると、都道府県知事、指定都市市長又は中核市市長より手帳が交付されます。

f:id:revival2018:20180331121608j:plain

対象となる障害の種類ですが、
・視覚障害
・ 聴覚又は平衡機能の障害
・ 音声機能、言語機能又はそしゃく機能の障害
・ 肢体不自由
・ 心臓、じん臓又は呼吸器の機能の障害
・ ぼうこう又は直腸の機能の障害
・ 小腸の機能の障害
・ ヒト免疫不全ウイルスによる免疫の機能の障害
・ 肝臓の機能の障害
となっています。
それぞれの症状の程度により、1級~6級に区分されています。

手続きに必要なものですが、
・身体障害者手帳交付申請書
・身体障害者福祉法の指定を受けた医師の診断書
・印鑑
・顔写真2枚
です。詳しくは、住民票のある市区町村にお問い合わせ下さい。

身体障害者手帳が交付されますと、各種福祉サービスが受けられるほか、公共料金の割引、電車・バス・タクシー・飛行機などの乗車券の割引、携帯電話料金の割引、補助具の購入費の助成、様々な手当の給付、など多くのサービスが受けられます。

身体が不自由で日常の生活が困難な方には、非常にありがたい手帳です。

各市区町村に相談窓口がありますので、関心のある方はお問い合わせしてみればいかがでしょうか?