ライフスタイルリサーチ

生活の知恵、労働や医療福祉など、役立つ情報をご紹介します。

災害時に役立つ一冊「東京防災」

今日1月17日、阪神淡路大震災発生から今年で23年となりました。

災害は突然やってきます。災害に備え、日頃の準備が必要となってきます。食料、衣類、防災グッズなど様々な準備が必要です。
また、避難方法や対策など、事前に把握しておく必要があります。

いざ準備しようと思った時、なにからすればよいのか戸惑う人は多いと思います。何を準備すればいいのか、どういう知識が必要かなど、どこから手を付けてよいのか混乱してしまう可能性もあります。

そんな時に、防災について分かりやすく解説してくれている一冊の本があります。

東京都が2015年9月に、東京都内の全世帯に配布した防災用のハンドブック「東京防災」です。
このハンドブックは、今後、東京都を襲う可能性がある南関東直下地震などへの対策について書かれた本です。

災害に対する備えや発生時の対処法など、役立つ情報を分かりやすくまとめた防災ハンドブックとなっていますので、東京都仕様ですが、他の地域でも活用できる情報満載です。

【本書の主な内容】
(1)大震災シミュレーション(地震発生の瞬間から避難、復興までをシミュレート)
(2)今やろう 防災アクション(今すぐできる災害の備え)
(3)そのほかの災害と対策(地震以外の東京に潜む様々な災害と対策の解説)
(4)もしもマニュアル(災害発生時に役立つ知恵や工夫をイラスト付きで解説)
(5)知っておきたい災害知識(災害に関する知識のまとめ)
(6)漫画 TOKYO“X”DAY(かわぐちかいじ氏オリジナル漫画)

全国の書店でも販売されています。一冊税込140円となっています。
取扱店舗は、こちらの東京都の公式サイト内に記載されています。

通販サイト「Amazon」でもお取り扱いされています。

東京防災

新品価格
¥149から
(2018/1/17 09:17時点)


また、電子書籍版も用意されていて、無料でダウンロード出来ます。
取扱サイトは、こちらのページに記載されています。
「東京防災」をスマホやタブレットにダウンロードしておけば、ネット接続なしでもいつでも読めるようになります。

日頃から防災の準備に努めましょう!

東京都防災ホームページ:防災ブック「東京防災」